\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

グスケットはいつからいつまで使える?口コミ評判もレビュー!

当ページのリンクには広告が含まれています。
グスケットはいつからいつまで使える?口コミ評判もレビュー!

グスケットはいつからいつまで使えるのでしょうか?口コミ評判も合わせてレビューします!

グスケットは、肩や腰の負担が少なく赤ちゃんを抱っこできる、人気の抱っこ紐です。

体型を問わず使用できるので、パパとママで兼用もできて便利ですよね♪

グスケットの口コミを調べてみたところ、

  • 装着が簡単でわかりやすい
  • 軽くてコンパクト
  • あんよと抱っこを繰り返す時にとても便利
  • ベビーカーでぐずる時に便利
  • パパと兼用しやすい

このような口コミが多く、とても便利な抱っこ紐であることがわかりました。

しかしグスケットはいつからいつまで使えるのか、気になっているという人も多いと思います。

グスケットは腰が据わった6ヶ月頃の赤ちゃんから使用できるのですが、何歳ごろまで使えるのか詳しく調べてみました。

口コミ評判についてもレビューしていますので、グスケットを検討している人はぜひ参考にしてくださいね♪

目次

グスケットはいつからいつまで使う?

グスケットが使えるのは、腰が据わった6ヶ月頃の赤ちゃんからです。

腰で支えるタイプの抱っこ紐なので、ある程度体がしっかりしてから使うことができるんですね。

いつまで使えるのか?ということですが、体重20キロまで使えるので、子供の体型にもよりますが、4歳頃まで使うことができます。

子供が歩き始める2歳以降は抱っこ紐は必要ないのでは?というイメージがありますが、歩き始めたばかりの子供は抱っこをせがんでくることが多いです。

お散歩やレジャーの途中に疲れてしまったときなど、抱っこ紐があると便利なんですよ♪

小さい子供は抱っこが大好きです。コンパクトに持ち歩ける抱っこ紐「グスケット」があると、大人も楽になりますよ。

グスケットの口コミ評判をレビュー

それではここからは、グスケットの口コミ評判をレビューしていきます。

グスケットの悪い口コミ

最初に、グスケットの悪い口コミから紹介します。

  • 肩に負担がかかる
  • 子供を座らせる位置を決めにくい
  • 長時間の利用は難しい

肩に負担がかかるというのは残念ですね。

グスケットは肩で支えるタイプの抱っこ紐です。腰に負担がかかりにくいのですが、どうしても片方の肩に負担がかかってしまいます。

肩ベルトが二重に分かれているのでかかる力は分散されますが、長時間の利用は難しい、という声がありました。

グスケットは肩ベルトを調節することで、肩への負担を軽減させることができます。

肩への負担が気になる時は、少しでも負担が軽くなるような方法を試してみてくださいね。

子供を座らせる位置が決めにくいという口コミもありました。

慣れないうちは少し戸惑うかもしれませんが、色々な口コミを見ていると、慣れてしまえばとても使いやすいという声がほとんどだったんですよ♪

それぞれのお子さんに合った方法を見つけてくださいね。

グスケットの良い口コミ

続いて、グスケットの良い口コミを紹介します!

  • 装着が簡単で分かりやすい
  • 軽くてコンパクト
  • あんよと抱っこを繰り返す時期にとても便利
  • ベビーカーでぐずる時に便利
  • パパと兼用しやすい

口コミを見ていると「装着が簡単」「軽くてコンパクト」など、手軽に使えて持ち運びが便利な抱っこ紐であることがわかりました。

グスケットは、タスキがけタイプの抱っこ紐です。

小さい赤ちゃんのときから使える、エルゴやベビービョルンなどの抱っこ紐と違い、さっと装着でき、子供を降ろすときもサッとできる、というのが大きな特徴です。

抱っことあんよを繰り返すお子さんに、ストレスなく対応できるようになります。

小さい子供は抱っこが大好きですよね。ベビーカーに乗せても、ぐずってしまうこともありますよね。

そんなとき、サッと装着できるグスケットがあると、とても便利なんです。

軽くてコンパクトなので、持ち運びも苦になりません。

サイズ調整も簡単なので、パパと兼用もしやすいんですよ♪

グスケットがあればお子さん連れの散歩や買い物が、とても楽になりますよ。

グスケットの機能や特徴を紹介

それではここからは、グスケットの機能や特徴について詳しく紹介していきます。

グスケットには、大きく分けて5つの機能や特徴があります。

  1. バッグにすっぽり入るコンパクトサイズ
  2. 肩ベルトの調節で、負担を軽減
  3. どんな体格の人でも使える
  4. ダブルの安心設計
  5. 豊富なカラーバリエーション

具体的にどのような機能や特徴があるのか、詳しく紹介していきますね。

①バッグにすっぽり入るコンパクトサイズ

グスケットは、バッグにすっぽり入るコンパクトサイズです。

コンパクトに畳んだときの重さは、なんと約230g

カバンに入れても、かさばらないサイズ感です♪

お子さんのあんよが始まって、歩くことが大好きになると、腰に抱っこ紐をぶら下げたまま歩くことが増えてきますよね。

ベビーカーで出かけるとき、抱っこ紐をっていくか行かないか、迷うこともあると思います。

そんなときグスケットなら、カバンにサッと入れて持ち出せるので、荷物が増えずに便利なんです。

世界中で愛されているというのも納得のサイズ感ですよね。

②肩ベルトの調節で、負担を軽減

グスケットは肩ベルトを調節することで、肩への負担を軽減することができます。

肩掛けタイプのたすき掛けの抱っこ紐は、肩への負担が心配ですよね。

グスケットはママの腕の感覚そのままで抱っこできるので、お子さんが安心しやすい設計になっています。

それだけではなく、対面抱っこのときは負担を背中に分散させ、子供の視野が広くなるサイド抱っこでは、肩ベルトを開いて重さを分散し、肩への負担を少なくすることができます。

長時間の抱っこには向きませんが、あんよと抱っこを繰り返すようになったお子さんとのお出かけで、大活躍してくれますよ♪

③どんな体格の人でも使える

グスケットはサイズ調節が簡単なので、どんな体格の人でも使うことができます。

ママやパパはもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんも、みんなで使うことができるんです。

調節ベルトを引っ張るだけで簡単にサイズ調整できるので、とっさにパパが抱っこする!というようなタイミングでも大丈夫です。

サイズメモリがついているので、パパの時はここ、ママの時はここ、というふうにメモリを覚えておくと、とても便利です。

装着も簡単なので、色々なシーンで活躍してくれますよ。

④ダブルの安心設計

グスケットには、ダブルの安心設計が備わっています。

子供が使うものだから、欠かせない機能ですよね。

まずはセーフティバンドです。このセーフティバンドをバックルにかけておけば、万が一バックルが外れたときも、子供の落下事故を防止することができます。

バックルなどのパーツは、信頼のYKK製です。日本製なので、さらに安心ですね♪

子供のお尻が当たるヒップパッドには、滑り止め加工がされています。

子供がずり落ちるのを防止しながら、ガッチリとサポートしてくれるので、ママも安心です。

二股の肩ベルトにはクッション性があり、肩全体を包むタイプのものよりも可動範囲が広くなります。

安心で動きやすい工夫がたくさんされているんです。

⑤豊富なカラーバリエーション

グスケットは、豊富なカラーバリエーションが自慢です。

カラーは全部で8色あります(2024年4月現在)。

合わせるお洋服やお好みで、色々なカラーを選ぶことができるんです。

ベーシックなベージュはもちろん、爽やかなミントも人気です。

レオパードやゼブラもあるので、個性を出すこともできますね♪

グスケットにはパパやママが使いやすく、子供も快適に抱っこしてもらえるような工夫がたくさんあります。

安全のための機能もバッチリです♪

これひとつあれば、毎日のお散歩や買い物が、ぐっと楽になりますよ!

まとめ:グスケットはいつからいつまで使える?口コミ評判もレビュー!

グスケットはいつからいつまで使えるのか、口コミ評判についてもレビューしました。

  • 装着が簡単でわかりやすい
  • 軽くてコンパクト
  • あんよと抱っこを繰り返す時期にとても便利
  • ベビーカーでぐずる時に便利
  • パパと兼用しやすい

グスケットは、腰が座る6ヶ月頃から、体重が20キロになる4歳頃まで使うことができる抱っこ紐です。

軽くてコンパクトにまとまるので荷物にならず、お散歩やお出かけのときに大活躍してくれます。

あんよと抱っこを繰り返すようになったお子さんとのお出かけに、とても便利なんですよ♪

今お持ちの抱っこ紐を腰に下げたまま歩くことが増えたという人に、おすすめの製品です。

カラーバリエーションも豊富なので、お好みの色合いを選ぶことができます。

ベビーカーでぐずりがちなお子さんにもおすすめですよ。

グスケットを検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次