\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

ココネルエアーとプラスの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

当ページのリンクには広告が含まれています。
ココネルエアーとプラスの違いを徹底比較!

ココネルエアーとココネルエアープラスの違いを徹底比較します。

ココネルエアーとココネルエアープラスは、同じApricaのベビーベッドですが、機能や特徴に違いはあるのでしょうか?

調査したところ、大きく4つの違いがあることが分かりました。

  • 価格はココネルエアーの方が約6千円安い
  • ココネルエアープラスはマットを取り外して洗うことが可能
  • 選べる色が違う
  • ココネルエアーの方が軽い

このことから、ココネルエアーとココネルエアープラスは、それぞれ次のような方におすすめです!

ココネルエアーがおすすめの人
  • お手頃なベビーベッドが欲しい
  • 防水シーツをすでに持っている

ココネルエアーはココネルエアープラスと比べると価格が約6千円安くなるので、少しでもお手頃なベビーベッドが欲しい方にはココネルエアーがおすすめです。

また、ココネルエアーはマットが丸洗いできないのですが、防水シーツを持っている方は丸洗いできるマットがなくても問題ありません。

そのため、防水シーツを既に持っている方は価格を抑えることができるので、ココネルエアーがおすすめですよ♪

>>>ココネルエアーの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

ココネルエアープラスがおすすめの人
  • 洗濯機でマットを洗いたい
  • 清潔に保ちたい

ココネルエアープラスはココネルエアーに比べると価格は高くなりますが、マットが洗濯機で丸洗いできるので、清潔に保ちたい方におすすめです。

赤ちゃんはミルクの吐き戻しなどでどうしてもマットが汚れてしまいます。

でもマットが丸洗いできるココネルエアープラスなら、いつでも清潔な状態を保てるので、ママだけでなく赤ちゃんも安心してぐっすり快適に寝ることができますよ♪

>>>ココネルエアープラスの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

それでは、幼稚園教諭として働いたことがある筆者の経験から、ココネルエアーとココネルエアープラスの違いについて徹底比較していきたいと思います!

目次

ココネルエアーとココネルエアープラスの違いを徹底比較!

ココネルエアーとココネルエアープラスの違いを徹底比較したところ、以下4つの違いがあることが分かりました。

  • 価格はココネルエアーの方が約6千円安い
  • ココネルエアープラスはマットを取り外して洗うことが可能
  • 選べる色が違う
  • ココネルエアーの方が軽い

具体的には以下のようになります。

ココネルエアーココネルエアープラス
価格(税込)29,700円36,300円
マットの取り外し不可可能
カラー展開ホワイトグレー

グレーベアー
ホワイトベージュ

グレー
重さ14.9kg15.0kg
ココネルエアーとココネルエアープラスの違い

違いについて、1つずつ詳しく紹介していきますね!

価格はココネルエアーの方が約6千円安い

ココネルエアーとココネルエアープラスの価格を比較します。

ココネルエアー29,700円
ココネルエアープラス36,300円
  • 2024年4月公式サイト調べ、どちらもABタイプの価格
  • 価格は税込です

ココネルエアーの方が約6千円安くなっていますね。

ココネルエアープラスはマットを洗うことができるので、その分価格が高くなってしまうようです。

防水シーツを持っているなど、マットを洗う必要がない方は価格が安いココネルエアーで十分ですよ♪

ココネルエアープラスはマットを取り外して洗うことが可能

ココネルエアーはマットを取り外して洗うことができません。

しかし、ココネルエアープラスのマットは取り外して洗濯機で丸洗いすることができます

この丸洗いできるかどうかが、ココネルエアーとココネルエアープラスの最大の違いになります!

赤ちゃんは寝ている間にたくさんの汗をかきます。

また、おしっこが漏れてしまうことがあるかもしれません。

そのような場合でもマットを洗うことができれば、清潔に保つことができるから安心ですよね♪

選べる色が違う

ココネルエアーとココネルエアープラスは、どちらも選べる色は2色です。

ココネルエアーホワイトグレー

グレーベアー
ココネルエアープラスホワイトベージュ

グレー

ココネルエアーのグレーには、クマのイラストが付いています。

どちらも色が落ち着いており、「淡い色がかわいい」という声が多く聞かれました。

主張しすぎない色だから部屋の雰囲気に合わせやすいのがメリットですね♪

淡い色だと汚れが目立つのでは?と心配している方もいるかもしれません。

しかし、実際に使用している方の声を聞くと、「汚れが見当たらない」という声もあったので、安心して使えそうです。

ココネルエアーの方が軽い

重さに関しては若干ではありますが、ココネルエアーの方が軽いです。

ココネルエアー14.9kg
ココネルエアープラス15.0kg

この1kgの違いは、マットの取り外しができるかどうかで差が出ているようです。

ココネルエアープラスのマットは取り外しが可能なので、この取り外しの機能がプラスされたことにより、ココネルエアープラスの方が若干重たくなっているんだと思います。

ただ1kgしか差がないので、重さに関してはそこまで変わりません。

どちらも軽量であることは間違いないですね♪

ココネルエアーがおすすめの人

以上の比較結果から、ココネルエアーは次の方におすすめです。

  • お手頃なベビーベッドが欲しい
  • 防水シーツをすでに持っている

ココネルエアープラスと比べると、ココネルエアーは価格が約6千円安くなります。

少しでもお手頃なベビーベッドが欲しい方にはココネルエアーがおすすめです。

ココネルエアーはマットを洗濯することができません。

ですが、防水シーツをすでに持っていれば、マットが洗濯できなくても困らないと思います。

もしおしっこが漏れてしまっても防水シーツがあれば、下のマットまで浸透するのを防いでくれますよ。

防水シーツなら洗濯機で洗うことができて乾きも良いので、頻繁に洗うことができますね♪

>>>ココネルエアーの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

ココネルエアープラスがおすすめの人

続いて、ココネルエアープラスがおすすめの人はこちらです。

  • 洗濯機でマットを洗いたい
  • 清潔に保ちたい

ココネルエアープラスはマットを外して洗濯機で洗うことが可能です。

「赤ちゃんに使うものは常に清潔にしておきたい」と考える方は多いのではないでしょうか。

天日干しだけでは落ちない汚れも、洗濯機で洗うことができれば落ちやすいので、いつまでも衛生的に使うことができます

赤ちゃんが快適に寝れるのでママも安心ですね♪

>>>ココネルエアープラスの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

ココネルエアーとココネルエアープラスに共通する機能や特徴を紹介

ここからは、ココネルエアーとココネルエアープラスに共通する機能や特徴を紹介していきます。

  • 持ち運びに便利
  • 通気性があるマットを使用
  • メッシュガードで柔らかい
  • ベビーサークルとしても活躍

持ち運びに便利

ココネルエアーもココネルエアープラスも工具を一切使わずに畳むことができます

コンパクトにできるので、車に乗せれば帰省や旅行にベビーベッドを持っていくことが可能です!

普段使用しているベッドなら、赤ちゃんは安心して寝てくれるかもしれませんね♪

重量が少しあるので、車に乗せるときに持ち上げる際は気を付けてくださいね。

通気性があるマットを使用

ココネルエアーもプラスも通気性があるマットを使用しているので、赤ちゃんの背中に熱がこもりにくくなります。

まだ寝返りができない赤ちゃんは背中に多くの汗をかき、そのせいで汗疹になってしまう子もいます。

でもココネルエアーとココネルエアープラスのマットは通気性があるから、赤ちゃんは気持ち良くお昼寝を楽しむことができますね。

メッシュガードで柔らかい

ココネルエアーもココネルエアープラスも柔らかい素材のメッシュガードで覆われているので、赤ちゃんの手足が当たっても怪我をしにくいです。

動きが活発になってくると、ガードを手で叩くことがあるかもしれません。

寝返りをして頭が当たってしまうこともあると思います。

そんなときもガードが柔らかければ安心ですね。

ベビーサークルとしても活躍

床板を下の段に変えれば、ベビーサークルとしても使用できます

動くようになると、少しの時間でも目を離すのは危ないですよね。

そんなとき、ココネルエアーもココネルエアープラスもベビーベッドをサークルとして利用することができるんです!

ボールをたくさん入れるとボールプールとして楽しむこともできますよ♪

これなら遊びの幅が広がりますね!

まとめ:ココネルエアーとプラスの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

Apricaのココネルエアーとココネルエアープラスの違いを徹底比較しました。

  • 価格はココネルエアーの方が約6千円安い
  • ココネルエアープラスはマットを取り外して洗うことが可能
  • 選べる色が違う
  • ココネルエアーの方が軽い

ココネルエアーとココネルエアープラスの大きな違いは、マッを外して洗濯ができるかどうかです。

防水シーツを持っていれば、マットが汚れてしまうことはほとんどありません。

少しでもお手頃なベビーベッドを求めている方は、ココネルエアーでも十分満足できる商品です。

ぜひ参考にしてくださいね。

少しでも価格を抑えたい方はココネルエアーがおすすめ!

>>>ココネルエアーの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

マットを丸洗いして清潔さを重視したい方はココネルエアープラスがおすすめ!

>>>ココネルエアープラスの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

目次