シロカおうちシェフプロとおうちシェフの違いを徹底比較!どちらがおすすめ?

シロカおうちシェフプロとおうちシェフの違いを徹底比較!

おうちシェフプロとおうちシェフはシロカの電気圧力鍋ですが、機能や特徴に違いはあるのでしょうか。

おうちシェフプロ(SP-2DM251/SP-2DP251)とおうちシェフ(SP-2DF231)の違いを徹底比較しました。

調査したところ、

  • 価格
  • 機能
  • カラーバリエーション

大きく3つの違いがあることがわかりました。

シロカHPによると、2022年11月現在

  • おうちシェフプロ:17,980円
  • おうちシェフ:12,800円

と掲載されており、おうちシェフの方が約5000円安いです。

価格の差は搭載されている機能の違いによるもので、おうちシェフプロにはおうちシェフにはない3つの違いがあることがわかりました。

  • スマートプレッシャー技術
  • オートメニューの数
  • 低温調理機能

それぞれの機能については後で詳しく紹介しますね。

おうちシェフプロとおうちシェフではカラー展開が異なっています。

  • おうちシェフプロ:ホワイト・ダークブラウン・グレー
  • おうちシェフ:ホワイト

家電には珍しいダークブラウンやグレーがあり、お好みやキッチンの色に合わせて選べるので毎日使うのが楽しみになりますね。

以上の内容から、おうちシェフプロとおうちシェフはそれぞれ次のような人におすすめの商品です。

おうちシェフプロがおすすめの人
  • 料理のレパートリーをもっと増やしたい
  • 低温調理に挑戦したい
  • プロに負けない凝った料理を作りたい

価格は高いですがオートメニューの数や低温調理など、おうちシェフよりもバリエーション豊富に使えそうな上、カラーも3色から選べます。

本格的な料理を作りたい人やレパートリーを増やしたい人にピッタリの商品です。

ホワイト・ブラウンの2色展開♪SP-2DM251はこちら!

グレーがお好みの方におすすめ♪SP-2DP251はこちら!

おうちシェフがおすすめの人
  • これから圧力調理に挑戦したい
  • 定番メニューを増やしたい

おうちシェフプロに比べると使用用途は限られますが価格は安いです。

凝った料理を作る予定のない人や、初めて電気圧力鍋を使う人にはおすすめです。

それではおうちシェフプロとおうちシェフの違いを徹底比較していきます。

目次

シロカおうちシェフプロとおうちシェフの違いを徹底比較!

それでは、おうちシェフプロとおうちシェフの違いを紹介していきます。

  • 価格
  • 機能
  • カラーバリエーション

おうちシェフプロとおうちシェフには大きく3つの違いがあることが分かりました。

価格はおうちシェフプロの方が高い

まず、価格から比べてみます。

シロカHP記載によると (2022年11月現在)

  • おうちシェフプロ:17,980円
  • おうちシェフ:12,800円

どちらも調理容量は1.68L、本体サイズは幅24cm×奥行き26cm ×高さ27cmで大きさは全く同じですが、おうちシェフプロの方が搭載機能が多いため価格も高く設定されているようです。

おうちシェフプロには3つの機能が追加で搭載

機能の違いを比べてみたところ、

  • スマートプレッシャー技術
  • オートメニューの数
  • 低温調理

この3つがおうちシェフプロに追加されていることがわかりました。

一つずつ紹介していきます。

スマートプレッシャー技術

おうちシェフプロにはスマートプレッシャー技術が搭載されており、高圧力を均一に加え続けることで、食材に更に味がしみ込み、柔らかく仕上がるんです。

また、自動減圧機能で、従来の圧力鍋よりも調理後の減圧時間が短縮できます。

今までよりも更に美味しく仕上げることができた上に、時短も叶うのは嬉しいですね。

オートメニューの数

おうちシェフプロには83種類、おうちシェフには20種類のオートメニューが内蔵されています。

おうちシェフのオートメニューはおうちシェフプロより少ないですが、定番料理は十分に網羅しており、付属のレシピ本には63種類のオリジナルレシピが紹介されていますので、作りたい料理やライフワークに合わせて選べますね。

低温調理

低温調理はゆっくり低温で加熱するため、硬くなりやすい食材も柔らかく仕上げる注目の調理法なんです。

スイッチ一つで失敗もなく本格的な料理が楽しめるおうちシェフプロはすごいですね。

おうちシェフプロはカラーバリエーションが豊富

カラーバリエーションについて紹介します。

おうちシェフプロはMタイプとPタイプがあり、それぞれカラー展開が違います。
(色以外の違いはありません。)

Mタイプ:ホワイト・ダークブラウン

Pタイプ:グレー   

おうちシェフ:ホワイトのみ

オシャレなダークブラウンやシックなグレーがあるのもキッチンに合わせやすくて嬉しいポイントですね。

シロカおうちシェフプロとおうちシェフどちらがおすすめ?

以上の比較結果からおうちシェフプロとおうちシェフはそれぞれ次の人におすすめの商品です。

おうちシェフプロがおすすめの人
  • 料理のレパートリーをもっと増やしたい
  • 低温調理に挑戦したい
  • プロに負けない凝った料理を作りたい

おうちシェフプロは、

  • スマートプレッシャー技術
  • 83種類のオートメニュー
  • 低温調理

このような便利な機能があり、料理を早く美味しく仕上げられるので、色んな料理を本格的にもっと楽しみたい人には特におすすめです。

これ1台あればたくさんのオートメニューでどんどん新しい料理が作れますね。

ホワイト・ブラウンの2色展開♪SP-2DM251はこちら!

グレーがお好みの方におすすめ♪SP-2DP251はこちら!

おうちシェフがおすすめの人
  • これから圧力調理に挑戦したい
  • 定番メニューを増やしたい

オートメニューが20種類あれば毎日の定番料理を作るには十分ですね。

時間のある時には付属のレシピ本で新しい料理にも簡単にトライできます。

圧力鍋を初めて使う人や、毎日の手料理をもう少し凝ったものにしてみたいけど忙しい人にはピッタリです。

シロカおうちシェフプロとおうちシェフに共通する機能や特徴を紹介!

シロカの電気圧力鍋おうちシェフプロとおうちシェフに共通する機能や特徴を紹介していきます。

  • かしこい予約プログラム
  • 安心設計
  • お手入れ簡単

一つずつ紹介していきます。

かしこい予約プログラム

便利な予約調理ができるのも嬉しいポイントなんです。

「かしこい予約プログラム」は予約セット後すぐに加熱を開始し、菌の繁殖を抑える約75℃で保温し、予約時間に仕上がる様に作り始めてくれる優れモノです。

お出かけ前にセットしておけば、帰宅したら出来たてをすぐに食べられるので、忙しいママの強い味方です。

これなら毎日大活躍すること間違いなしですね。

安心設計

圧力がかかっている間はふたの開閉ができないことはもちろん、ふたが完全に閉まっていないとスタートできない安心安全設計です。

これなら圧力鍋を使うことに慣れていない人も安心して使えますね。

お手入れ簡単

いくら便利で美味しい料理ができても、後片付けが面倒だと使いたくないですよね。

ふた部分は分解が必要ですが、一つずつのパーツが大きく洗いやすいので、取り外しも取り付けも簡単です。

まとめ:シロカおうちシェフプロとおうちシェフの違いを徹底比較!どちらがおすすめ?

シロカのおうちシェフプロとおうちシェフの違いを徹底比較しました。

  • 価格
  • 機能
  • カラーバリエーション

調べたところ、このような大きな違いがあることがわかりました。

おうちシェフプロは便利で優れた機能があり、カラーバリエーションも多いので、ご家庭で本格的なプロの味を楽しめる上、キッチンに合わせたカラーも選べます。

また、価格は少しでも安い方が良く、これから圧力調理に挑戦したい人はおうちシェフが十分活躍してくれます。

シロカのおうちシェフプロ、おうちシェフを検討されている方は是非参考にしてくださいね。

ホワイト・ブラウンの2色展開♪SP-2DM251はこちら!

グレーがお好みの方におすすめ♪SP-2DP251はこちら!

おうちシェフはこちら!

>>>最新のおうちシェフプロSP-5DP151とSP-5DP152はこちらの記事で比較しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次