TAS-MX6とTAS-X6の違いを徹底比較!東芝のコードレス衣類スチーマー

TAS-MX6とTAS-X6の違いを徹底比較!東芝のコードレス衣類スチーマー

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-MX6とTAS-X6の違いを徹底比較します。

お出かけ前にサッと衣類のシワを伸ばすのに便利な衣類スチーマー。

東芝の衣類スチーマーにもいくつか種類がありますが、機能や特徴に大きな違いはあるのでしょうか?

今回は、TAS-MX6とTAS-X6の違いを徹底比較しました。

調べたところ、それぞれ次のような方におすすめです。

TAS-MX6がおすすめの人
  • より使いやすいスチーマーが良い
  • 頑固なシワもしっかり伸ばしたい
  • 厚手の衣類にスチームをかけることがある
  • 水漏れを気にせず使いたい

TAS-MX6は使い勝手が良くなったコードレス衣類スチーマーです。

パワフルスチームショットも搭載されているので、厚手の衣類や頑固なシワを伸ばしたい方にはピッタリな衣類スチーマーですよ。

TAS-X6がおすすめの人
  • スチームをより長く使いたい
  • 衣類に合わせて温度を使い分けたい

TAS-X6は3段階の温度設定が可能なので、衣類に合わせて温度を使い分けることができます!

デリケートな衣類は低温で安心してシワを伸ばしたいという方はTAS-X6がピッタリです♪

それではTAS-MX6とTAS-X6の違いを詳しく見ていきましょう♪

目次

TAS-MX6とTAS-X6の違いを徹底比較!

それでは早速ですが、TAS-MX6とTAS-X6の違いを徹底比較していきます!

機能や特徴を表にまとめました。

 TAS-MX6TAS-X6
スチーム持続時間最長 約40秒間(コードレス時)最長 約2分(コードレス時)
※高・スチーム設定時
スチーム量最大 約11g /分最大 約14g /分(コードレス時)
最大 約20g /分(コード付き時)
※高・シャワー設定時
スチーム使用可能範囲約140度約240度
水タンク一体型/約70mL
最長 約6分20秒使用可能
※コード付き時
一体型/約115mL
最長 約10分20秒使用可能
※コード付き時、中・スチーム設定時
スチーム種類連続スチーム/スチームショット/ドライスチーム/シャワー/ドライ
温度調節3段階 低/中/高
特徴オートバルブ機能・全温度3段スチーム
・置くたび適温
・オートパワーオフ
本体サイズ約176×約71×約120mm約179×約71×約130mm
本体質量約0.68kg約0.69kg
カラーダークグレー・ライトブルー
・グレー

この違いをさらに詳しく解説していきますね♪♪

TAS-MX6はより軽量で使いやすい

元々軽量だった東芝のコードレス衣類スチーマーですが、TAS-MX6はTAS-X6より0.01g軽くなりました

高さに関しても10mm低くなっています

これにより持ち手と重心が近くなったので、より使いやすくなったんです!

衣類スチーマーは手を挙げて使うものなので、少しでも軽く使いやすくなるのは嬉しいですよね♪

TAS-MX6はパワフルスチームショットが搭載

TAS-MX6とTAS-X6のスチームについて改めてまとめると、

TAS-MX6TAS-X6
スチーム量最大 約11g /分最大 約14g /分(コードレス時)
最大 約20g /分(コード付き時)
スチーム持続時間最長 約40秒間最長 約2分

スチーム量もスチーム持続時間もTAS-X6の方が優れていますね。

ですが、TAS-MX6にはパワフルスチームショットが搭載されています!

例えば厚手の衣類はスチームの量によってはなかなかシワが伸びないですよね。

でもパワフルスチームショットがあれば約0.7g/回ものスチームを出してくれるので、しっかりシワを伸ばすことができるんです。

厚手のものにスチームをかけることが多い方、シワをしっかり伸ばしたい方にはTAS-MX6が良いかもしれませんね♪

温度調節ができるのはTAS-X6

TAS-X6は低・中・高と3段階に温度調節が可能でしたが、TAS-MX6の温度は中しかありません

衣類に合わせて温度を切り替えたいという方は、TAS-X6の方がおすすめです。

TAS-X6の場合、

低温アクリル
中温毛・レーヨン・ポリエステル・アセテート
高温麻・綿

このようにデリケートな衣類は低温、丈夫な衣類は高温と使い分けができるので安心です。

TAS-MX6はかけ面を衣類から離すことですべての衣類に使うことができます。

TAS-MX6にはオートバルブ機能が搭載

TAS-X6はマイコン制御でスチーム孔からの水もれを防ぐ機能がありましたが、TAS-MX6はオートバブル機能が搭載されています。

これはかけ面温度が低下したときに、バルブが自動で閉じてスチーム孔からの水もれを防いでくれるんです。

これで傾けて使っても安心して使うことができますね♪

カラー展開

TAS-X6はライトブルー・グレーと2種類のカラーがありましたが、TAS-MX6はダークグレーのみとなっています。

カラー展開が少ないのはちょっと残念ですよね。

ただ、ダークグレーは落ち着きがあり馴染みもある良いカラーとなっています♪

TAS-MX6とTAS-X6はどちらがおすすめ?

ここまでの違いの比較結果から、TAS-MX6とTAS-X6はそれぞれ次の方におすすめです。

TAS-MX6がおすすめの人
  • より使いやすいスチーマーが良い
  • 頑固なシワもしっかり伸ばしたい
  • 厚手の衣類にスチームをかけることがある
  • 水漏れを気にせず使いたい

TAS-MX6は、TAS-X6より軽くなり、高さも低くなったことでより使いやすくなりました。

オートバルブ機能により水漏れも気にせず使えるので、使い勝手を重視するならTAS-MX6の方がおすすめです。

また、パワフルスチームショットが搭載されているので、厚手の衣類や頑固なシワを短時間でしっかり伸ばしたい方にもTAS-MX6はおすすめですよ♪

TAS-X6がおすすめの人
  • スチームをより長く使いたい
  • 衣類に合わせて温度を使い分けたい

TAS-X6はスチームの量もTAS-MX6より多く、持続時間も長いため、1度でしっかり長くスチームを使いたい方にはTAS-X6がおすすめです。

また、3段階の温度設定ができるので、衣類に合わせて温度を変えて使いたい方はTAS-X6を選んでくださいね!

TAS-MX6とTAS-X6の共通の機能や特徴を紹介!

ここからはTAS-MX6とTAS-X6の共通の機能や特徴を紹介していきます!

コードレスでも使える2way仕様

TAS-MX6もTAS-X6も、コード付きとコードレスの2wayで使うことができます。

サッとシワを伸ばしたいときはコードレスでいいですが、途中で充電が切れる可能性があるのが心配ですよね。

しっかりスチームを当てたいときはコード付きで使えるので、厚手のコートやセーターもしっかり伸ばすことができます。

連続スチームで楽ちん

TAS-MX6もTAS-X6も連続スチーム式となっており、使用中にボタンを押しながらスチームを出すという手間がありません。

スチーム持続時間もTAS-MX6は最長約40秒、TAS-X6は最長約2分間と長いので、十分シワを伸ばせる持続時間となっています。

スチームボタンを1度押せば連続してスチームが出るなんて、手の負担が減るから嬉しいですよね♪

スチームラインで満遍なくスチームを浸透

TAS-MX6もTAS-X6もスチームラインが搭載されており、これがあることによってスチームが全面に広がります。

そのため、衣類に満遍なくスチームを浸透させることができるんです。

ムラなくスチームを当てられるのは嬉しいですよね♪

まとめ:TAS-MX6とTAS-X6の違いを徹底比較!東芝のコードレス衣類スチーマー

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-MX6とTAS-X6の違いを徹底比較しました。

基本的には同じスチーマーなのですが、細かい機能に違いがあることが分かりました。

それぞれ次のような方におすすめです!

TAS-MX6がおすすめの人
  • より使いやすいスチーマーが良い
  • 頑固なシワもしっかり伸ばしたい
  • 厚手の衣類にスチームをかけることがある
  • 水漏れを気にせず使いたい
TAS-X6がおすすめの人
  • スチームをより長く使いたい
  • 衣類に合わせて温度を使い分けたい

ぜひ参考にしてくださいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次