HDS-3000GとHDS-302Gの違いを徹底比較!富士通プラズィオン脱臭機

hds-3000g hds-302g 違い

富士通ゼネラルの脱臭機PLAZIONプラズィオンのHDS-3000GとHDS-302Gの違いを徹底比較します。
HDS-3000GとHDS-302Gは、同じ富士通ゼネラルの脱臭機PLAZIONプラズィオンですが、機能や特徴に違いはあるのでしょうか?

調査したところ、大きく5つの違いがあることが分かりました。

  • 価格はHDS-302Gの方が2万円安い
  • HDS-3000Gには自動運転モードがある
  • HDS-3000Gにはうるおいカセットがある
  • HDS-3000Gにはプレフィルターがある
  • HDS-3000Gはプラズマイオンが発生

このことから、HDS-3000GとHDS-302Gは、それぞれ次のような方におすすめです!

HDS-3000Gがおすすめの人
  • 高機能な脱臭機が欲しい
  • 部屋の臭いがかなり気になる
  • お肌のケアもしたい

脱臭能力に加え、除菌効果やうるおい効果も抜群な脱臭機のため、とにかく機能を重視したい方におすすめの脱臭機です。

>>HDS-3000Gの口コミや詳しい機能はこちらの記事で紹介しています

HDS-302Gがおすすめの人
  • 少しでもお手頃な脱臭機が欲しい
  • 追加費用がかかるのは嫌
  • 消費電力をおさえたいい

HDS-3000Gに比べると機能面では劣りますが、脱臭能力は十分です!

1度買えば追加費用がかからないのも魅力的ですよ♪

>>HDS-302Gの口コミや詳しい機能はこちらの記事で紹介しています

それでは、HDS-3000GとHDS-302Gの違いを徹底比較していきます。

目次

HDS-3000GとHDS-302Gの違いを徹底比較!

それでは早速、HDS-3000GとHDS-302Gの違いを徹底比較していきます。

  • 価格はHDS-302Gの方が2万円安い
  • HDS-3000Gには自動運転モードがある
  • HDS-3000Gにはうるおいカセットがある
  • HDS-3000Gにはプレフィルターがある
  • HDS-3000Gはプラズマイオンが発生

どちらも対応面積は20畳、1分間あたりの最大風量も3㎥と同じで、騒音レベルもサイズも一緒です。
一見ほとんど変わらないように見えるのですが、実は主に自動運転モードの有無除菌方式集じん方式に大きく違いがあることが分かりました。

価格はHDS-302Gの方が2万円安い

価格には大きな差がありました。

  • HDS-3000G 37,800円
  • HDS-302G 17,800円

※2022年4月楽天調べ

HDS-302Gの方が2万円安くなります
HDS-3000Gの方が搭載されている機能が多いため、HDS-3000Gの方が高くなってしまうようです。

HDS-3000Gには自動運転モードがある

実はHDS-302Gには自動運転モードが付いていません。

自動運転モードがあるとセンサーで臭いを感知してくれるので、自動で風量をアップしてくれます。

つまり、自動運転モードがないHDS-302Gは、自分で風量を上げないといけないんです。

このことから、自動運転モードがあるHDS-3000Gの方が効率的に脱臭してくれると言えます。

HDS-3000Gにはうるおいカセットがある

HDS-3000Gに搭載されている「うるおいカセット」は、ビタミン誘導体を放出してくれる機能です。

清風がうるおいカセットを通過することで、清風中の水分にビタミンC誘導体が溶け込むことで室内のうるおいがアップするため、肌に優しいのはHDS-3000Gになりますね。

ただし、うるおいカセットは交換が必要なのがネック。

1日10時間使用で、交換の目安は3年となっています。

うるおいカセットの値段は5,500円(税込)なので、それなりに費用がかかることがデメリットです。

HDS-3000Gにはプレフィルターがある

HDS-302Gには集じんフィルターしか搭載されていませんが、HDS-3000Gにはプレフィルターも搭載されています。

そのため、HDS-3000Gはプレフィルターと集じんフィルター、ダブルのフィルターにより、集じん機能がアップします。

しかも集じんフィルターは天然植物成分カテキン(柿渋抽出エキス)入りなので、除菌効果が抜群です。

HDS-3000Gはプラズマイオンが発生

HDS-3000Gは1cm³あたり40,000個ものプラズマイオンをオゾンと一緒に放出させます。

プラズマイオンは、空気中の浮遊ウイルスや付着した菌を除菌する効果があるので、HDS-3000Gの方が除菌効果が高まります。

HDS-3000GとHDS-302Gどちらがおすすめ?

以上の比較結果から、HDS-3000GとHDS-302Gは、それぞれ次の方におすすめです。

HDS-3000Gがおすすめの人

  • 高機能な脱臭機が欲しい
  • 部屋の臭いがかなり気になる
  • お肌のケアもしたい

HDS-3000Gはとにかく機能的!

機能面を重視したい方、部屋の臭いがかなり気になっている方には、HDS-3000Gの方がおすすめです。

ただし、その分HDS-3000Gは値段が高くなってしまいますし、うるおいカセットの交換費用がかかってしまいます。

値段が気にならない人はHDS-3000Gの方がいいかもしれないですね!

>>HDS-3000Gの口コミや詳しい機能はこちらの記事で紹介しています

HDS-302Gがおすすめの人

  • 少しでもお手頃な脱臭機が欲しい
  • 追加費用がかかるのは嫌
  • 消費電力をおさえたい

HDS-3000Gに比べると2万円安くなるので、少しでもお手頃な脱臭機が欲しい方にはHDS-302Gがおすすめです。

HDS-302Gにはうるおいカセットもないので、追加費用もかかりません!

また、機能がHDS-3000Gに比べて少ない分、消費電力も抑えることができます

HDS-302Gでも脱臭機能は十分なので、HDS-3000Gの費用が気になる方はHDS-302Gがおすすめです!

>>HDS-302Gの口コミや詳しい機能はこちらの記事で紹介しています

HDS-3000GとHDS-302Gに共通する機能や特徴を紹介!

ここからは、HDS-3000GとHDS-302Gに共通する機能や特徴を紹介していきます。

トリプル脱臭

HDS-3000GにもHDS-302Gにも、トリプル脱臭機能が搭載されています!

このトリプル脱臭機能は、臭いの種類に応じて3段階で脱臭してくれる機能です。

トリプル脱臭機能があることで、急速かつしっかりと脱臭をしてくれるんですよ!

まずは第1段階として、脱臭フィルターが臭いを急速に吸着・分解して強力・スピード脱臭。

「オゾンユニット」が第2段階として、脱臭フィルターが取り残した臭いを分解することで、徹底脱臭してくれるんです。

最後の第3段階で「消臭成分シャワー」を放出し、部屋に染み付いた臭いまで脱臭してくれます。

HDS-3000GもHDS-302Gも、3段階でしっかり脱臭してくれるから、脱臭効果の評判はかなり良いんですよ♪

集じん機能

HDS-3000GにもHDS-302Gにも集じん機能が搭載されています。

プレフィルターと天然植物成分カテキン(柿渋抽出エキス)入り集じんフィルターがあるので、HDS-3000Gの方が集じん力は高くなりますが、HDS-302Gもしっかり集じんしてくれますよ。

部屋のホコリや花粉の他、ペットの毛までしっかりキャッチしてくれるんです。

花粉症対策にもおすすめですよ♪

この集じんフィルターですが、HDS-3000GもHDS-302Gも水洗いが可能

お手入れの目安はこのようになっています。

【1ヶ月に1度 】掃除機でのお手入れ

【1年に1度】水洗い

水洗いは1年に1度でいいなんて楽ですよね♪

フィルター再生機能

HDS-3000GにもHDS-302Gにも脱臭フィルターオートクリーン機能が搭載されています!

この機能があることで、ヒーターの熱によって高速メガフィルターの脱臭能力を毎日回復してくれます。

HDS-3000GもHDS-302Gも、フィルターはすべて交換不要

フィルターの交換がいらないだけですごく楽ちんですよね♪

まとめ:HDS-3000GとHDS-302Gの違いを徹底比較!富士通プラズィオン脱臭機

富士通ゼネラルの脱臭機PLAZIONプラズィオンのHDS-3000GとHDS-302Gの違いを徹底比較しました。

  • 価格はHDS-302Gの方が2万円安い
  • HDS-3000Gには自動運転モードがある
  • HDS-3000Gにはうるおいカセットがある
  • HDS-3000Gにはプレフィルターがある
  • HDS-3000Gはプラズマイオンが発生

機能面を重視するなら、HDS-3000Gがおすすめです。

しかし、HDS-302Gは脱臭能力も十分で価格も安いので、少しでもお手頃な脱臭機を求めている方は、HDS-302Gでも十分活躍してくれますよ。

ぜひ参考にしてくださいね♪

>>HDS-3000Gの口コミや詳しい機能はこちらの記事で紹介しています

>>HDS-302Gの口コミや詳しい機能はこちらの記事で紹介しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次