IJDC-K80とIJD-I50の違いを徹底比較!アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機

ijdc-k80 ijd-i50 違い

アイリスオーヤマのサーキュレーター衣類乾燥除湿機IJDC-K80IJD-I50の違いを徹底比較します!

IJDC-K80とIJD-I50は同じアイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機ですが、機能や特徴に違いはあるのでしょうか?

調査したところ、大きく7つの違いがあることがわかりました。

  • IJDC-K80の方が除湿力が高い
  • IJDC-K80には湿度ランプがついている
  • IJD-I50の方が価格が5,000円安い
  • IJD-I50の方が音が静か
  • IJD-I50の方が電気代がかからない
  • IJD-I50の方が軽い
  • 操作ボタンの配置が違う

このことから、IJDC-K80とIJD-I50はそれぞれ次のような方におすすめです!

IJDC-K80がおすすめの人
  • たくさんの洗濯物を早く乾かしたい
  • たっぷり除湿したい
  • お部屋の湿度が湿度ランプでひと目でわかる方がいい

IJDC-K80は大型でパワフルな除湿力で、たくさんの洗濯物を早く乾かすことができます。

家族が多く、とにかく毎日洗濯物の量が多いというご家庭にはこちらの方がおすすめです。

なんと2時間以下で、部屋干しの洗濯物を乾かすことができるんです!

湿度ランプでお部屋の湿度がひと目でわかるので、除湿効果を目で確認することもできますよ。

>>IJDC-K80の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

IJD-I50がおすすめの人
  • 少しでも電気代がかからない方がいい
  • 音が静かな方がいい
  • 軽くて持ち運びしやすい方がいい

IJD-I50はIJDC-K80に比べ、少し小型で消費電力も少なくなっています。

そのため電気代もIJDC-K80に比べて安く、軽くて持ち運びもしやすいです。

音も少し静かなので、夜間に使うため少しでも音が小さい方がいいという方におすすめですよ。

部屋干しの洗濯物を乾かすパワーは充分です♪

>>IJD-I50の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

それでは、IJDC-K80とIJD-I50の違いを徹底比較していきます。

目次

IJDC-K80とIJD-I50の違いを徹底比較!

それでは早速、IJDC-K80とIJD-I50の違いを徹底比較していきます!

  • IJDC-K80の方が除湿力が高い
  • IJDC-K80には湿度ランプがついている
  • IJD-I50の方が価格が5,000円安い
  • IJD-I50の方が電気代がかからない
  • IJD-I50の方が音が静か
  • IJD-I50の方が軽い
  • 操作パネルの配置が違う

どちらもデシカント式の除湿機で、サーキュレーターの送風と合わせるダブルのパワーで、部屋干しの洗濯物を素早く乾かしてくれる衣類乾燥除湿機です。

形はほとんど同じなのですが、調べてみると主に本体の大きさと除湿力、タンクの容量と湿度ランプの有無に大きな違いがあることがわかりました。

IJDC-K80の方が除湿力が高い

除湿可能面積には大きな違いがありました。

  • IJDC-K80は木造10畳〜鉄筋コンクリート20畳までの広さに対応
  • IJD-I50は木造6畳〜鉄筋コンクリート13畳までの広さに対応

IJDC-K80の方が大型でパワフルなので、広い部屋を除湿することができるんですね。

除湿力にも大きな違いがあります。

  • IJDC-K80は1日8リットル除湿できる
  • IJD-I50は1日5リットル除湿できる

さらに、排水タンクの量も違いがありました。

  • IJDC-K80の排水タンクは約3.5リットル
  • IJD-I50の排水タンクは約2.5リットル

IJDC-K80の方が大型でパワフルなので、タンクの容量も多くなっているんですね。

その分重さがあり、大きいので持ち運びが少し大変なのでがデメリットではありますが、よりパワフルな除湿機を求めるならIJDC-K80の方がおすすめです。

IJDC-K80には湿度ランプがついている

IJDC-K80にはひと目で部屋の湿度がわかる「湿度ランプ」がついています。

お部屋の湿度が高いと濃い青に、低いと緑色に点灯し、お部屋の湿度を目で見て確認することができます。

IJD-I50には湿度ランプはついていません。

パワフルな除湿効果を目で見て実感することができる、嬉しい機能ですよね♪

IJDC-K80のパワフルさがさらに実感できるはずです。

IJD-I50の方が価格が5,000円安い

価格にも違いがありました。

  • IJDC-K80は24,800円
  • IJD-I50は19,800円
  • 2022年5月・楽天市場調べ

IJD-I50の方が価格は5,000円安くなっています。

大型でパワフル、そして機能の多いIJDC-K80の方が高くなってしまうようです。

ただ、IJD-I50に比べると、IJDC-K80の除湿力は約1.6倍にアップしています。5,000円の違いで除湿力がかなりパワーアップしていますので、よりパワフルなものをお求めの方には、やはりIJDC-K80の方がおすすめと言えそうです。

IJD-I50の方が電気代がかからない

電気代にも違いがありました。

1日8時間使用したとすると、

  • IJDCーK80は約152.5円
  • IJD-I50は約125円
  • 2022年5月・東京電力の場合

どちらもジュース1本分のお値段ですが、IJDC-K80の方が消費電力が多いので、電気代が高くなってしまいます。

電気代が気になる方には、小型で消費電力の少ないIJD-I50の方がおすすめです。

IJD-I50の方が音が静か

運転音の大きさにも違いがあります。

  • IJDC-K80は34dB
  • IDC-I50は29dB

(どちらも弱運転モードの場合)

どちらも図書館よりも静かな音ですが、大型でパワフルなIJDC-K8-の方が音が大きくなっています。

IJD-I50の方が軽い

本体の大きさ、重さにも違いがあります。

  • IJDC-K80は重さ約11.5キロ
  • IJD-I50は重さ約7.8キロ

大型のIJDC-K80は重さが10キロを超えていて、女性やシニアが持ち運ぶには少し難しい重さです。

サイズにも違いがあります。

  • IJDC-K80は高さ73.9×幅33.4×奥行き28.5センチ
  • IJD-I50は高さ64×幅28.7×奥行き23.4センチ

コードの長さも大型のIJDC-K80は2メートル、IJD-I50は1.6メートルと違いがありました。

大型で持ち運びが難しいIJDC-K80の方がコードが長くなっています。サーキュレーターがついているので、お部屋の中心に置いて、色々なところに風を送ることができます。

操作パネルの配置が違う

IJDC-K80とIJD-I50は、操作パネルの配置が違います。

どちらもサーキュレーター部についていますが、IJDC-K80は両側に、IJD-I50は右側についています。

IJDC-K80の方が機能が多いので、操作ボタンが多くなっています。そのため配置が違うのかもしれません。

IJD-I50の方が少ない動きで操作できると言えますね。

IJDC-K80とIJD-I50どちらがおすすめ?

以上の比較結果から、IJDC-K80とIJD-I50は、それぞれ次のような方におすすめです。

JDC-K80がおすすめの人

  • 部屋干しの洗濯物をより早く乾かしたい
  • 洗濯物の量が多い
  • パワフルな除湿力が欲しい
  • 湿度ランプが欲しい

IJDC-K80はとにかくパワフルです!

たくさんの洗濯物を、より素早く乾かすことができます。

家族が多く、毎日たくさんの洗濯物が出るというご家庭におすすめです。

大型で除湿力も高いので、衣類乾燥もお部屋の除湿も、よりパワフルなものが良いという方にとてもおすすめできます。

湿度ランプもついているので、強力な除湿パワーを目で見て実感することもできますよ♪

>>IJDC-K80の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

IJD-I50がおすすめの人

  • 持ち運びしやすい方がいい
  • 電気代が少ない方がいい
  • 音が静かな方がいい

IJD-I50はIJDC-K80に比べ、小型で電気代がかかりません。

持ち運びもしやすいですし、音も静かになっています。

除湿力は十分ですし、部屋干しの洗濯物も充分に早く乾かしてくれますので、洗濯物の量がそこまで多くないという方にはこちらの方がおすすめです。

>>IJD-I50の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

IJDC-K80とIJD-I50に共通する機能や特徴を紹介!

ここからは、IJDC-K80とIJD-I50に共通する機能や特徴を紹介していきます。

ダブルのパワーでスピード乾燥

IJDC-K80もIJD-I50も、サーキュレーターと除湿機のダブルの力で部屋干しの洗濯物を素早く乾かすことができます。

サーキュレーターで洗濯物の湿気を飛ばし、除湿機でお部屋の空気の湿気を取り除きます。

こうすることで、素早く洗濯物を乾かすことができるんです!

首振り機能で洗濯物をムラなく乾かし、サーキュレーターでの狙い撃ち乾燥で、水分の蒸発を促進。お洗濯の効率を大幅にアップすることができます♪

これ1台あれば、雨の日や冬場など、外に洗濯物を干せない日が続いても安心です!

年中使えるデシカント式

IJDC-K80もIJD-I50も、デシカント式の除湿機です。

ヒーターで空気を温めて除湿するタイプなので、外気温に除湿効果が左右されにくく、寒い冬でも除湿力が落ちることはありません。

ただ、どうしても室温は上がってしまいます。

夏場は脱衣所や玄関など、室温が上がっても構わないところで使用するのがおすすめです。

サーキュレーター、除湿機それぞれ単体でも使えるので、1年中活躍してくれます。

サーキュレーターはお部屋の換気やエアコンの効率アップに、除湿機はお部屋や押し入れ、玄関や脱衣所などのカビ対策にと、色々な場所で活用できます。

使いやすい排水タンク

IJDC-K80もIJD-I50も、排水タンクが使いやすく改良されました。

端の方だけフタが開くので、水を捨てやすい構造になっています。タンクの引き出しもスムーズに行えます。

容量の多いIJDC-K80の排水タンクには取っ手がついていますので、重くても持ち運びしやすいですよ♪

操作もシンプルで安全機能もついていて、安心して使用できます。

まとめ:IJDC-K80とIJD-I50の違いを徹底比較!アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機

アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機IJDC-K80とIJD-I50の違いを徹底比較しました。

  • IJDC-K80の方が除湿力が高い
  • IJDC-K80には湿度ランプがついている
  • IJD-I50の方が価格が5,000円安い
  • IJD-I50の方が電気代がかからない
  • IJD-I50の方が静か
  • IJD-I50の方が軽い
  • 操作ボタンの配置が違う

たくさんの洗濯物をパワフルに素早く乾かしたい!という方にはIJDC-K80がおすすめです。

しかしIJD-I50も除湿機能や衣類乾燥機能は充分です。音が静かで電気代がかからず、持ち運びしやすい方がいいという方にはIJD-I50の方がおすすめです。

ぜひ参考にしてくださいね♪

>>IJDC-K80の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

>>IJD-I50の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次