\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

ジャノメMP470MSE-MGの口コミ評判をレビュー!MP400SEとの違いは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
ジャノメMP470MSE-MGの口コミ評判をレビュー!

ジャノメMP470MSE-MGの口コミ評判をレビューしていきます。

ジャノメMP470MSE-MGは2022年に発売された最新モデルのコンピューターミシンです。

MP400SEから進化して更に使いやすくなり、各種部門のランキングで一位を獲得するほど人気の商品なんです。

使った人からは

  • 操作がシンプルで使いやすい
  • 音が静か
  • 縫い模様がたくさんある
  • 収納バックがあって持ち運びも収納も楽

たくさんの口コミがあり、評判の高い商品であることがわかりました。

MP470MSE-MGは特にこのような人におすすめの商品です。

  • 長く使いたい
  • 高性能でなるべく安いミシンがよい
  • 入園入学準備だけでなく色々挑戦したい
  • ミシンの扱いには慣れている

MP470MSE-MGは特にこれから入園入学準備に使いたい初心者の人はもちろん、既にミシンの扱いに慣れている人にも満足のいく充実した機能があり、耐久性にも優れたおすすめのミシンです。

では、MP470MSE-MGの口コミ評判を紹介します。

MP400SEとの違いについても紹介しますので参考にしてくださいね。

目次

ジャノメMP470MSE-MGの口コミ評判をレビュー!

ジャノメMP470MSE-MGの口コミ評判を紹介します。

口コミのほとんどは良い口コミでしたが気になる悪い口コミも数件ありましたので紹介しますね。

ジャノメMP470MSE-MGの悪い口コミ

まずはジャノメMP470MSE-MGの悪い口コミから紹介します。

  • 収納バックの出し入れがしづらい
  • 自動糸通しが上手く使えない

1つずつ紹介していきます。

収納バックの出し入れがしづらい

ジャノメMP470MSE-MGには専用収納バックがついていますが、この出し入れがしづらいとの口コミが数件ありました。

収納バックは付属品も一緒に収納でき、ほこりの侵入を完全に防ぐので便利な一方、出し入れがしづらく不便に感じる人もいるようです。

ハードケースの方が出し入れはしやすいのですが、ほこりを完全に防げませんし付属品の収納がほとんどできません。

精密なミシンはほこりが大敵なので、ほこりが全く入らない収納バックがおすすめです。

自動糸通しが上手く使えない

自動糸通しの使い方がわからないや、上手く使えないという口コミが数件ありました。

自動糸通しは少しコツが必要ですが、慣れると問題なく使えます。

また、説明書だけではわかりづらい人のためにDVDの説明動画もあります。

上手く使えないとの口コミもわずかにありましたが、多くは便利で使い勝手が良いとの口コミであり、安心だと言えます。

ジャノメMP470MSE-MGの良い口コミ

次にジャノメMP470MSE-MGの良い口コミを紹介します。

  • 操作がシンプルで使いやすい
  • 音が静か
  • 縫い模様がたくさんある
  • 収納バックがあって持ち運びも収納も楽

一つずつ紹介しますね。

操作がシンプルで使いやすい

MP470MSE-MGを使ったたくさんの人が操作がシンプルで使いやすいと評価していました。

以前のモデルより、ボタンの押しやすさや縫い模様の選択のしやすさなどが改良されたので、更に使いやすくなったんです。

MP470MSE-MGにはたくさんの縫い模様や機能があるので操作がシンプルなのはとても助かりますよね。

音が静か

今まで使っていたミシンより音が静かとの口コミがたくさんありました。

ミシンの音って結構な音がするので、子どもが寝ていると使えなかったりするんですよね。

でもMP470MSE-MGなら音が静かなので、夜間や子どものお昼寝中にも安心してミシンを使えるから嬉しいですね♪

縫い模様がたくさんある

MP470MSE-MGは縫い模様が30種類ととても多いんです。

こんなにたくさんの縫い模様があると試してみるだけでも楽しそうですね。

必要な押さえも付属しているのでミシンがついたらすぐに色んな縫い方に挑戦できます。

前モデルMP400SEとの違いは?

ここからは、前モデルであるMP400SEとの違いを紹介します。

  • 下糸巻き棒が金属製になった
  • 手元ボタンが押しやすくなった
  • 操作方法がシンプルになったのに縫い模様が増えた
  • コードリール式になった

一つずつ詳しく紹介しますね。

下糸巻き棒が金属製になった

  • MP400SE:プラスチック製
  • MP470MSE-MG:金属製

実は下糸巻き棒がプラスチック製だと、使用中の力加減によって破損してしまうことがあるんですね。

そこでMP470MSE-MGでは下糸巻き棒が金属製になったんです。

下糸巻きは案外力がかかるので金属製になって強化されると安心ですね。

手元ボタンが押しやすくなった

手元のスタート・ストップボタン、返し縫いボタンの位置の角度が見やすくなり、正面から見た時のボタンの押しやすさが格段にアップしました。

細かい操作が多いミシンなので、操作がしやすいのは大切なポイントですね。

操作方法がシンプルになったのに、縫い模様が増えた

縫い模様を選択するには

  • 縫い模様のナンバー
  • 縫い模様の長さ調節
  • 縫い模様の横幅調節

こちらをそれぞれ設定する必要があります。

設定するには

  • MP400SE:矢印の横でカーソル移動
  • MP470MSE-MG:一つのボタンでカーソル移動が可能

と、MP470MSE-MGはかなりシンプルに設定できるようになりました。

更に縫い模様が

  • MP400SE:20種類
  • MP470MSE-MG:30種類

と、10種類も多くなったんです。

操作が簡単になったのに種類が豊富になるなんて驚きです。

コードリール式になった

電源コードも扱いやすくなったんです。

  • MP400SE:付け外し型
  • MP470MSE-MG:コードリール式

MP470MSE-MGは電源コードを引っ張ると本体に巻き取り収納ができるんです。

これならコードをなくす心配もなく、準備や片付けが簡単になりますね。

ジャノメMP470MSE-MGの機能や特徴を紹介

ジャノメMP470MSE-MGの機能や特徴を紹介します。

  • 自動糸切
  • 金属製針板
  • 7枚歯水平送り機能
  • 自動糸調子
  • ピンクッション
  • 収納バック

一つずつ紹介します。

自動糸切

MP470MSE-MGは縫い終わりの糸切をボタン一つでしてくれるんです。

作業を止めずにテンポよく進められるのは効率も良く助かりますね。

金属製針板

低価格のミシンは針板などの部品がプラスチック製が多いのですが、MP470MSE-MGは金属製です。

針板が金属製だとミシンの動作音が静かになる上、劣化も少ないのでミシンの耐久性がぐんとアップするんです。

ミシンは一度買ったら買い替えるのが大変なので耐久性は重要なポイントです。

7枚歯水平送り機能

送り歯を水平に保って生地を送るので縫いやすさ、縫いの品質が大幅にアップしました。

薄い生地の縫い始めは生地を巻き込んでしまいやすいのですが、水平送り機能があることで快適に縫い進められます。

失敗なく作業できるのは気持ちよく、作業もはかどりますね。

この機能は高級機種のみに搭載しているプレミアム機能なんですよ。

自動糸調子

自動糸調子を「オート」に合わせるだけで薄生地から厚生地、伸縮する生地などどんな生地もきれいに縫えるんです。

難易度の高い糸調子の調整をすべて自動でしてくれるなんて、初心者の人は絶対に欲しい機能ですね。

ピンクッション

ミシン本体に取り付けられるMP470MSE-MG専用のピンクッションが付いています。

ミシン作業では待ち針をたくさん使いますが、置き場所に迷ったり、転がって不便だったりするんですよね。

このピンクッションは本体に固定できるので、必要な時にさっと使えて便利です。

見た目もかわいいので気分も上がりますね。

収納バック

MP470MSE-MG専用の収納バックが付いています。

完全にほこりの侵入を防ぎ、付属品の収納まで一緒にできるんです。

収納バックに入れて付属品と一緒に持ち運べるので便利ですよ。

まとめ:ジャノメMP470MSE-MGの口コミ評判をレビュー!MP400SEとの違いは?

ジャノメMP470MSE-MGの口コミ評判を紹介しました。

  • 長く使いたい
  • 高性能でなるべく安いミシン
  • 入園入学準備だけでなく色々挑戦したい
  • ミシンの扱いには慣れている

MP470MSE-MGは初心者の人はもちろん、ミシンの扱いに慣れている人にも満足できる優秀なミシンです。

30種類の縫い模様や自動糸切機能など充実した機能とシンプルな操作で、色んな物に挑戦でき、作業がスムーズに進みます。

MP470MSE-MGがあれば入園入学準備もはかどること間違いなしです。

MP470MSE-MGを検討中の人は是非参考にしてくださいね。

目次