\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

当ページのリンクには広告が含まれています。
アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシの違いを徹底比較!

アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシの違いを徹底比較しました。

どちらもプレートで髪を挟まないタイプのヘアアイロンですが、コームヘアアイロンとミニブラシではどのような違いがあるのでしょうか。

調査したところ、大きく4つの違いがあることがわかりました。

  • ミニブラシの方が小さく、軽い
  • ミニブラシ方がコードが短い
  • プレートの材質
  • ミニブラシの方が約1,300円高い

以上のことからコームヘアアイロンとミニブラシはそれぞれ次のような人におすすめの商品です。

アゲツヤコームヘアアイロンがおすすめの人
  • 自宅で使うことが多い
  • 髪のダメージが少しでも少ない方が良い
  • 価格は少しでも安い方が良い

コームヘアアイロンはくし形のコームで髪をとかすだけでふんわりストレートヘアが作れます。

プレートがセラミック加工されているので髪の滑りも良く、少しでも髪のダメージが少ない方が良い人にはおすすめです。

>>>アゲツヤコームヘアアイロンの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

アゲツヤミニブラシがおすすめの人
  • 持ち歩くことが多い
  • 丁寧にヘアセットがしたい
  • 価格は少し高くてもコンパクトな方が良い

ミニブラシはコンパクトで持ち歩きに便利な布袋もついています。

髪のうねりなどが気になったときにいつでも使いたい人や、外出先で使いたい人にはおすすめです。

>>>アゲツヤミニブラシの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

それでは、コームヘアアイロンとミニブラシの違いを徹底比較していきます。

目次

アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシの違いを徹底比較!

アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシの違いを徹底比較します。

  • ミニブラシの方が小さく、軽い
  • ミニブラシ方がコードが短い
  • プレートの材質
  • ミニブラシの方が約1,300円高い

どちらも髪をプレートで挟まないヘアアイロンで髪を傷めることなくふんわりストレートに仕上げてくれますが、本体の形や材質、コードの長さなどに違いがあることがわかりました。

ミニブラシの方が小さく、軽い

コームヘアアイロンとミニブラシは大きさと重さに違いがあります。

  • コームヘアアイロン:長さ・260㎜ 重さ・360g
  • ミニブラシ:長さ・188㎜ 重さ・280g

ミニブラシの方がかなりコンパクトですね。

ミニブラシには携帯用の布袋もついているので、持ち歩く機会の多い人は嬉しいですね。

ミニブラシの方がコードが短い

  • コームヘアアイロン:1.8m
  • ミニブラシ:1.5m

アゲツヤミニブラシのコードは1.5mです。

コードのコネクタは360°回転するので使い勝手は良いのですが、コードが短いと感じる人がいるようです。

コンセントの位置が遠い人は注意が必要ですね。

プレートの材質

コームヘアアイロンとミニブラシはプレートの材質に違いがあるんです。

  • コームヘアアイロン:アルミニウムにセラミック加工
  • ミニブラシ:アルミ合金

セラミックは熱伝導率が高く、温まりやすく冷めにくい特徴があります。

プレート全体の温度を均一に保ちやすいので、スピーディーにムラのないスタイリングができます。

表面が滑らかで滑りやすいので髪もスムーズにとかせて傷みにくいんですね。

アルミ合金は軽量なのが特徴です。

ミニブラシの軽さはアルミ合金のおかげなんですね。

ミニブラシの方が約1,300円高い

  • コームヘアアイロン:3,502円
  • ミニブラシ:4,840円      ※楽天2023年4月7日調べ

どちらも価格の安い商品ですが、コームヘアアイロンの方が更に安いんですね。

価格を少しでも安く抑えたい人や、まずは試してみたいという人はコームヘアアイロンがおすすめです。

アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシどちらがおすすめ?

ではアゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシはどちらがおすすめなのでしょうか。

アゲツヤコームヘアアイロンがおすすめの人

  • 自宅で使うことが多い
  • 髪のダメージが少しでも少ない方が良い
  • 価格は少しでも安い方が良い

コームヘアアイロンはミニブラシに比べると大きいので自宅で使うことが多い人におすすめです。

プレートがセラミック加工されているので、髪の滑りが良く素早くセットできます。

素早くセットできるとその分髪のダメージも少なくなって嬉しいですね。

>>>アゲツヤコームヘアアイロンの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

アゲツヤミニブラシがおすすめの人

  • 持ち歩くことが多い
  • 丁寧にヘアセットがしたい
  • 価格は少し高くてもコンパクトな方が良い

ミニブラシはとにかく軽量コンパクトなので持ち運びにぴったりです。

湿気の多い季節など、髪のうねりが日中も気になる人は持ち歩いておくといつでも気になったときに使えるので便利ですね。

ミニブラシで少しずつ丁寧にヘアセットできるので、きれいに仕上げたい人にはおすすめです。

>>>アゲツヤミニブラシの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシに共通する機能や特徴を紹介

アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシに共通する機能や特徴を紹介します。

  • 髪をプレートで挟まないストレートアイロン
  • 5段階の温度調節

1つずつ詳しく紹介しますね!

髪をプレートで挟まないストレートアイロン

どちらも髪をプレートで挟まず、コームやブラシで髪をとかすだけで自然なストレートヘアができます。

ボリュームアップや毛先のカールもできるので、一台で色んなヘアアレンジが楽しめますよ。

熱くなるプレートに直接触れない設計なので、小さなお子様にも安心です。

5段階の温度調節

どちらも髪の質や状態に合わせて5段階で温度調節ができるんです。

髪が傷んで潤いの少ない人は温度を低めに設定してくださいね。

ただし、コームヘアアイロンとミニブラシで温度設定が少し違うので注意してください。

  • コームヘアアイロン:140℃~220℃
  • ミニブラシ:120℃~210℃

ミニブラシの方が少し温度が低めですが、一般的なストレートヘアアイロンの設定温度は160℃前後が良いとされているので十分ですよ。

まとめ:アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

アゲツヤコームヘアアイロンとミニブラシの違いを徹底比較しました。

  • ミニブラシの方が小さく、軽い
  • ミニブラシ方がコードが短い
  • プレートの材質
  • ミニブラシの方が約1,300円高い

ミニブラシは小さく軽量で持ち歩きに便利なので、湿気の多い季節には大活躍間違いなしです。

自宅で素早くセットしたい人はコームヘアアイロンがおすすめですよ。

是非、参考にしてくださいね。

>>>アゲツヤコームヘアアイロンの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

>>>アゲツヤミニブラシの詳しい口コミやレビューはこちらで紹介しています

目次