RNS-P10-WとRNS-300の違いを徹底比較!アイリスオーヤマのリンサークリーナー

rns-p10-w rns-300 違い

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10-WとRNS-300の違いを徹底比較します。

RNS-P10-WとRNS-300は同じアイリスオーヤマのリンサークリーナーですが、機能や特徴に違いはあるのでしょうか?

調査したところ、大きく6つの違いがあることがわかりました。

  • RNS-P10-Wは自動で散水できる
  • RNS-P10-Wにはスキマ用のノズルがついている
  • RNS-P10-Wはタンクの給水口が広い
  • RNS-P10-Wの方が清水タンクの容量が多い
  • RNS-P10-Wの方が10dB音が静か
  • RNS-300の方が4,900円安い

このことから、RNS-P10-WとRNS-300はそれぞれ次のような方におすすめです!

RNS-P10-Wがおすすめの人
  • スキマもきれいに掃除したい
  • 自動で散水できる方がいい
  • 清水タンクへの給水を少なくしたい
  • タンクの水の出し入れを簡単にしたい
  • 少しでも音が静かな方がいい

RNS-P10-Wは従来品であるRNS-300を使った人の声を参考に、より使いやすく改良された製品です。

そのためノズルも2種類ついていますし、自動で散水できたりタンクの口が広くなっていたりと、さらに便利になっているんです!

清水タンクの容量も約1.1リットルと、従来品であるRNS-300の0.3リットルより大幅に多くなっているんですよ。

頻繁に水を足さずに済むのは嬉しいですよね♪

より便利で使いやすい方が良いという方には、RNS-P10-Wの方がおすすめです。

>>RNS-P10-Wの詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

RNS-300がおすすめの人
  • 少しでも手頃な価格で手に入れたい

RNS-300はRNS-P10-Wに比べ、4,900円安くなっています。

少しでも手頃に手に入れたいという方には、こちらの方がおすすめです。

スキマノズルはなく、散水も手動ではありますが汚れ落ちはバッチリですよ♪従来品のため、価格が安くなっているんでしょうね。

>>RNS-300の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

それでは、RNS-P10-WとRNS-300の違いを徹底比較していきます。

目次

RNS-P10-WとRNS-300の違いを徹底比較!

それでは早速、RNS-P10-WとRNS-300の違いを徹底比較していきます。

  • RNS-P10-Wは自動で散水できる
  • RNS-P10-Wにはスキマ用のノズルがついている
  • RNS-P10-Wはタンクの吸水口が広い
  • RNS-P10-Wの方が清水タンクの容量が多い
  • RNS-P10-Wの方が10dB音が静か
  • RNS-300の方が4,900円安い

どちらもブラシ付きのハンドツールがついた、布製品専用のリンサークリーナーです。

コンパクトに収納でき、丸洗いもできるので清潔に保つことができるのですが、主に散水が自動かどうかと、清水タンクの容量と給水口の大きさに違いがあることがわかりました。

RNS-P10-Wは自動で散水できる

RNS-P10-Wは使用時に自動で散水できるようになりました。

従来品のRNS-300は噴出レバーを引き、手動で散水する必要がありました。

操作は簡単なのですが、広いところを掃除する時はどうしても手が疲れてしまいますよね。

RNS-P10-Wはその点が改良され、レバーを握るだけで自動で水が出るようになりました。

握る以外の操作は一切必要ありません。ノズルも疲れにくいスリムタイプです。

これなら長い時間使っても疲れにくくて安心ですね♪

女性の手でも疲れにくい工夫がされていて、カーペットなど広い場所のお掃除にとても便利です。

RNS-P10-Wにはスキマ用のノズルがついている

RNS-P10-Wには2種類のノズルが付いています。

広いところを掃除できるブラシ付きヘッドと、スキマのお掃除に便利なT型ヘッドです。

このT型ヘッドは、RNS-300にはついていません。

ソファとカーペットのスキマなど、狭い所のお掃除にとても便利なんですよ♪

ソファの下など、埃や汚れが気になるところもすっきりとお掃除することができるんです。

RNS-P10-Wはタンクの給水口が広い

RNS-P10-Wは従来品のRNS-300より、タンクの給水口が広くなりました。

水を入れる時も捨てる時も、とてもやりやすくなったんですよ♪

RNS-300は給水口が狭いので、給水の時はカップなどを使う必要がありました。

ですがRNS-P10-Wは給水口が広くなったので、水道の蛇口から直接水を入れることができるようになったんです!

中を洗うのも簡単です。使った後の汚水タンクをすぐに洗うことができます。

リンサークリーナーは水で洗う掃除機なので、水を捨てたり入れたりという作業が面倒だと使いにくいんですよね。

「カップで給水」というひと手間がなくなったのは大きなポイントです。

RNS-300でも十分使いやすかったのに、こうしてさらに改良されて使いやすくなるのは本当に嬉しいですね♪

RNS-P10-Wの方が清水タンクの容量が多い

RNS-P10-Wの清水タンクの容量は約1.1リットルです。

従来品のRNS-300の容量は0.3リットルだったので、3倍以上になりました。

こまめに給水する必要がなくなったので、じっくりお掃除できますね♪

ちなみに回収タンク(汚れた水が入る方)の容量はRNS-P10-Wは約0.4リットル、RNS-300は約0.5リットルです。

回収タンクの容量はRNS-P10-Wの方がわずかに少なくなっているんですね。

小さな違いではありますが、RNS-P10-Wの方が汚れた水を捨てる手間が、ほんのわずかに増えるかもしれません。

RNS-P10-Wの方が10dB音が静か

RNS-P10-Wは従来品のRNS-300に比べ、運転音が10dB小さくなりました。

RNS-300には「音が大きい」という口コミがあったので、これは嬉しい改良ポイントですね!

完全に音がなくなったというわけではありませんが、それでも静かになったのは嬉しいです♪

特に賃貸にお住まいの方には嬉しい改良ではないでしょうか。

ですが、それでも音がなくなったわけではないので、早朝や夜間の使用は控えたほうが良さそうです。

RNS-300の方が4,900円安い

価格には大きな違いがありました。

  • RNS-P10-W 12,980円
  • RNS-300 8,080円

(2022年6月・楽天市場調べ)

RNS-300の方が4,900円安くなっています。

RNS-P10-Wの方が新しい製品ですし、ノズルも2種類ついており、散水も自動で出来るようになっていたりと多機能なため、値段が高くなっているようです。

RNS-P10-WとRNS-300どちらがおすすめ?

以上の比較結果から、RNS-P10-WとRNS-300はそれぞれ次のような方におすすめです。

RNS-P10-Wがおすすめの人

  • 自動で水が出る方がいい
  • 給水タンクが使いやすい方がいい
  • スキマまでキレイに掃除したい
  • 少しでも音が静かな方がいい

RNS-P10-Wはとても機能的です!

ノズルが自動で水が出ますし、給水タンクも使いやすく改良されています。

2種類のノズルで広いところも狭いところも、効率よくお掃除することができます。

値段は高くなりますが、そこは気にせず従来品よりもさらに使いやすい工夫がされた、高機能なクリーナーが良いという方にはこちらの方がおすすめです。

>>RNS-P10-Wの詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

RNS-300がおすすめの人

  • 少しでも手頃な方がいい

RNS-300はRNS-P10-Wより価格が安くなっています。

散水は手動で行う必要がありますし、タンクは少し不便ではありますが、少しでも手頃なものがいいという方にはこちらの方がおすすめです。

ノズルは1種類のみではありますが、汚れ落ちはバッチリですよ♪

>>RNS-300の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

RNS-P10-WとRNS-300に共通する機能や特徴を紹介!

ここからは、RNS-P10-WとRNS-300に共通する機能や特徴を紹介していきます。

水と空気の力で汚れを落とす

RNS-P10-WとRNS-300は、水と空気の力で汚れを落とす布製品専用のリンサークリーナーです。

カーペットなどの布製品についた汚れを、洗剤を使わずに落とすことができます。

使い方は簡単です。

  1. 清水タンクに水を入れる
  2. 電源を入れて、汚れに水を吹きつける
  3. ブラシを布に押し付け、ゆっくりと手前に引く

これだけで、洗剤を使わずに洗いにくい布製品をキレイにすることができるんです。

洗剤を使わないので、赤ちゃんやペットがいるご家庭でも安心して使うことができます。

タンクには40度までのお湯も入れられるので、落ちにくい汚れはお湯で浮かせてほぐしてから吸い込んでみてください。

驚くほどキレイになりますよ!

汚れの悩みを解決

RNS-P10-WもRNS-300も、カーペットやソファーについたいろいろな汚れを取ることができます。

ペットの粗相や子どもの食べこぼし、大人がこぼしてしまった醤油やコーヒーなど、お部屋の布製品についた色々な汚れをすっきりと取ってくれるんです。

醤油やコーヒだけでなく、ジュースやおもらし、泥の汚れも落としてくれます。

雑巾でふいてもなかなか取れず、あきらめていた汚れを驚くほどキレイにしてくれますよ♪

コンパクト収納で丸洗いできる

RNS-P10-WもRNS-300も、タンクとハンドツールを丸洗いできます。

汚れに直接当てるブラシや、汚れた水が入るタンクをすぐに洗うことができるので、いつも清潔に保つことができます。

本体もコンパクトなので、お部屋のどこにでも持ち運ぶことができますよ。

コードやホースをまとめて収納できるので、押し入れやクローゼットにコンパクトにまとめて収納することができます。

出し入れしやすい場所に置いて、汚れた時にサッと取り出せるようにすると便利です。

カーペットやソファーが汚れたときに、すぐに使うことで汚れ落ちもさらに良くなりますよ♪

まとめ:RNS-P10-WとRNS-300の違いを徹底比較!アイリスオーヤマのリンサークリーナー

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10-WとRNS-300の違いを徹底比較しました。

  • RNS-P10-Wは自動で散水できる
  • RNS-P10-Wにはスキマ用のノズルが付いている
  • RNS-P10-Wの方が清水タンクの容量が多い
  • RNS-P10-Wはタンクの給水口が広い
  • RNS-P10-Wの方が10dB音が静か
  • RNS-300の方が価格が4,900円安い

RNS-P10-Wは従来品のRNS-300に比べ、散水やノズルの形状、そしてタンクの仕様など使いやすく改良されています。

より高機能で使いやすい方が良いという方には、こちらの方がおすすめですよ。

ぜひ参考にしてくださいね♪

>>RNS-P10-Wの詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

>>RNS-300の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次