IJD-LI50とKIJDC-L50の違いを徹底比較!アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機

ijd-i50 kijdc-l50 違い

アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機IJD-LI50とKIJDC-L50の違いを徹底比較します!

IJD-LI50とKIJDC-L50は、同じアイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機ですが、機能や特徴に違いはあるのでしょうか?

調査したところ、大きく3つの違いがあることがわかりました。

  • KIJDC-L50には「おまかせ運転モード」がある
  • KIJDC-L50には湿度ランプがある
  • IJD-LI50の方が7,480円価格が安い

このことから、IJD-LI50とKIJDC-L50はそれぞれ次のような方におすすめです!

KIJDC-L50がおすすめの人
  • 部屋の湿度を一定に保つモードが欲しい
  • お部屋の湿度が一目でわかる湿度ランプが欲しい
  • 高機能な衣類乾燥除湿機が欲しい

KIJDC-L50には「おまかせ運転モード」がついています。

快適な湿度を保ってくれるので、お部屋の湿度を一定に保ちたいという人におすすめの除湿機です。

また、お部屋の湿度が一目でわかる「湿度ランプ」もついています。空気中の水分が多いほど青くなっていくので、ひと目で今の湿度がわかります。

目で見て除湿効果を実感できるので、こうした機能をお求めの方にもおすすめですよ♪

サーキュレーター付き 衣類 乾燥 除湿機 5L KIJDC-L50
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

>>KIJDC-L50の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

IJD-LI50がおすすめの人
  • 手頃なサーキュレーター衣類乾燥除湿機が欲しい

IJD-LI50はKIJDC-L50に比べて価格が7,480円安くなっています。

おまかせモードはありませんが、衣類乾燥や除湿機としての機能は充分です!

少しでも手頃な価格で手に入れたいという方は、IJD-I50の方がおすすめですよ♪

>>IJD-I50の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

それでは、IJD-I50とKIJDC-L50の違いを徹底比較していきます。

目次

IJD-I50とKIJDC-L50の違いを徹底比較!

それでは早速、IJD-I50とKIJDC-L50の違いを徹底比較していきます。

  • KIJDC-L50には「おまかせ運転モード」がある
  • KIJDC-L50には湿度ランプがある
  • IJD-I50の方が7,480円安い

どちらも鉄筋コンクリートの建物は13畳、木造は6畳まで対応していて、1日あたりの除湿量も5.5リットルと同じです。

本体の大きさも重さも同じなのですが、実は主に「おまかせ運転モード」の有無、湿度ランプの有無、そして価格に大きな違いがあることがわかりました。

価格はIJD-I50の方が7,480円安い

価格には大きな差がありました。

  • IJD-I50 19,800円
  • KIJDC-L50 27,280円
  • 2022年5月楽天市場調べ

IJD-I50の方が7,480円安くなっています。

KIJDC-L50の方が搭載されている機能が多いため、KIJDC-L50の方が高くなってしまうようです。

KIJDC-L50には「おまかせ運転モード」がある

KIJDC-L50には「おまかせ運転モード」が搭載されています。

IJD-I50にはこの機能はありません。

「おまかせ運転モード」は、お部屋の湿度を快適に保ってくれる機能です。

一般的に、快適な湿度は40%〜55%だと言われています。このモードで運転すると、湿度が55%より高い時は自動的に除湿し、低い時は自動で送風運転に変わります。

お部屋の湿度を快適に保ちたいとき、とても便利な機能です。

KIJDC-L50には「湿度ランプ」がある

KIJDC-L50には、ひと目で今の湿度がわかる「湿度ランプ」がついています。

湿度が高ければ高いほど濃い青色のランプが点灯するので、ひと目で今の湿度がわかってとても便利です。

湿度が低い時は、緑色に点灯します。

直感的に今の湿度がわかりますし、除湿機の効果を目で見て実感することができる機能です。

IJD-I50とKIJDC-L50どちらがおすすめ?

以上の比較結果から、IJD-I50とKIJDC-L50は、それぞれ次の方におすすめです。

IJDC-L50がおすすめの人

  • 高機能な衣類乾燥除湿機が欲しい
  • 湿度を一定にするモードが欲しい
  • ひと目で湿度がわかる湿度ランプが欲しい

KIJDC-L50はとにかく高機能です!

「おまかせ運転モード」でお部屋の湿度を一定に保ってくれるので、カビ対策にも効果的です。

さらに湿度ランプで今の湿度がひと目でわかり、除湿機としての効果を目で見て実感できます。

機能が多い分値段は高くなってしまいますが、高機能な製品が欲しい方はKIJDC-L50の方が良いですね♪

サーキュレーター付き 衣類 乾燥 除湿機 5L KIJDC-L50
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

>>KIJDC-L50の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

IJD-I50がおすすめの人

  • 少しでもお手頃な衣類乾燥除湿機がほしい

IJD-I50はKIJDC-L50に比べ、7,480円安くなっています。

少しでもお手頃な衣類乾燥除湿機が欲しい方には、IJD-I50の方がおすすめです!

価格は安くても、洗濯物を乾かす機能は抜群です。サーキュレーターのパワーも除湿の力も、KIJDC-L50と変わりないですよ♪

>>IJD-I50の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

IJD-I50とKIJDC-L50に共通する機能や特徴を紹介!

ここからは、IJD-I50とKIJDC-L50に共通する機能や特徴を紹介していきます。

ワイドな送風でスピード乾燥

IJD-I50もKIJDC-L50も、強力な乾燥風と除湿力で、部屋干しの洗濯物を素早く乾かしてくれます。

そのスピードは、時間にしてなんと約95分!自然乾燥に比べ、約6分の1の速さです!

サーキュレーターを除湿器に搭載したことで、部屋干しの洗濯物を効率よく乾かすことができるんです。

まずサーキュレーターのパワフルな風で、洗濯物の湿気を飛ばします。その後、お部屋の空気の中にある湿気を除湿器で取り除くことで、部屋干しの乾燥時間を大幅に短縮させてくれます。

原因となる湿気を素早く取り除くことで、部屋干し特有の嫌なニオイの解消にもつながります。

また、振り幅約3.4メートルの首振り機能も搭載しています。これで洗濯物が多い時も広範囲に風を当てることができ、乾きムラを抑えることができます。

静音設計なので、夜の使用も安心です。

サーキュレーター、除湿機とも弱運転した時の音は、約29dBです。これは図書館よりも静かな音なんですよ。

消し忘れタイマーもついていて安心ですね♪

1年中活躍

IJD-I50もKIJDC-L50も、サーキュレーター・除湿器それぞれ単独で使うことができるので、いろいろな使い方ができて1年中活躍してくれます。

サーキュレーター単独で運転すれば、お部屋の換気や冷暖房の効率アップに使えます。

夏場は部屋の下にたまる冷たい空気を循環させ、冬場は上にたまる暖かい空気を循環させることで、冷暖房の効率を上げることができるんです。

除湿器単独では、押し入れや玄関の除湿、浴室のカビ対策にも使えます。

デシカント式なので寒い冬も変わらない除湿力で、パワフルに活躍してくれますよ♪

シンプルなデザイン

IJD-I50もKIJDC-L50も、デザインはとてもシンプルです。

操作もシンプルなタッチパネルで行えるので、とても簡単です。

排水タンクもフタの端だけが開くので水がこぼれにくく、扱いやすいデザインになっています。

本体の大きさは高さ64センチ、幅は28.7センチ、奥行きは23.4センチです。重さはどちらも7.8キロです。

まとめ:IJD-LI50とKIJDC-L50の違いを徹底比較!アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機

アイリスオーヤマの衣類乾燥機IJD-I50とKIJDC-L50の違いを徹底比較しました。

  • KIJDC-L50には「おまかせ運転モード」がある
  • KIJDC-L50には湿度ランプがついている
  • IJD-I50の方が7,480円安い

KIJDC-L50の方が高機能ですが、IJD-I50も洗濯物を乾かす力や除湿力に変わりはありません。

少しでもお手頃な衣類乾燥除湿機が欲しい方は、IJD-I50でも充分活躍してくれますよ。

ぜひ参考にしてくださいね♪

サーキュレーター付き 衣類 乾燥 除湿機 5L KIJDC-L50
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

>>KIJDC-L50の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

>>IJD-I50の詳しい口コミやレビューはこちらの記事で紹介しています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次